保育士・保育関連の資格を取ろう

子どもと関わる仕事がしたい!保育士・保育関連の資格ガイド

保育士の資格を取得するには

保育士として勤務するには、保育士の国家資格が必要です。資格を取得するには、以下の2通りの方法があります。

1、保育士養成学校で単位を取得し、卒業することで取得
短大(2年)や大学(4年)、専門学校(2~3年)で保育士養成過程を修了し、卒業することで取得できます。

2、通信教育や独学で保育士試験に合格して取得
保育士の資格スクールや通信教育、市販のテキストを用いて保育に関する知識を学び、年1回行われる国家試験に合格することで取得できます。

子どもたちと一緒に過ごせる仕事、保育士の資格とは

主婦の方や社会人の方に人気なのは、資格スクールや通信教育で勉強する方法。独学で突破できる自信のある方は「通信教育」を、試験に出るポイントを丁寧に教えてもらいたい、合格保証制度を利用したいという方は、通学制のスクールを選んでいます。

ご自分のライフスタイルにあわせて、無理のない方法を選びましょう。

おすすめ!保育士資格の講座一覧≫

 

他にもいっぱい!保育士以外の子ども関連資格

ここでは、取得することで保育関連の職業に就ける、子ども関連の資格を紹介します。保育士としてステップアップしたい方や、就職を有利にしたい方、保育士以外の道を選びたい方に人気です。

子ども関連の資格はこんなにたくさんあった!

人気の子ども関連資格

チャイルドマインダー
ベビーシッター
チャイルドケア
チャイルドコーチング
幼稚園教諭免許

このように、保育に関する資格はたくさんあります。子どもが好きで保育の仕事がしたいと考えているなら、まずは取りやすい資格からスタートしてみるのも1つの手段です。あなたの理想とする資格を見つけてくださいね。

 

保育関連資格を比較してみました

おすすめ
チャイルド
マインダー
お役立ち度 ★★★★ 取得年月 1ヶ月半~ 難易度 ★★
  • 活躍の場
    自宅で保育所を開業、依頼者宅にて訪問保育、民間の保育施設など
  • 仕事内容
    0~12歳を対象とした少人数保育のスペシャリスト。自宅で保育ルームを開業したり、訪問保育などで活躍できます。預かれる子どもは3人まで。
  • 取得方法
    資格認定を実施している民間団体の養成講座を受講・修了し、試験に合格することで取得。通学制・通信制・セミナー講座などがあり、ライフスタイルによって選択可能。合格率は70~90%。コツコツと勉強していけば難しいものではありません。参考費用≫http://www.hoiku.co.jp/
  • 向いている人
    少人数の子どもに密にかかわるため、保護者の教育方針やしつけの方針などに柔軟に対応できる人。基本的に個人事業主となるため、責任感が強く、人から信頼される人柄であることが望ましいです。
ベビーシッター お役立ち度 ★★ 取得年月 4ヶ月~ 難易度
  • 活躍の場
    個人との契約による在宅保育、依頼者宅にて訪問保育、託児所など
  • 仕事内容
    依頼者宅において子どもの保育を行うサービス業。面倒を見られる子どもは、シッター1人につき2人までが基本。
  • 取得方法
    社団法人全国ベビーシッター協会の資格認定試験に合格することで取得。ただし、資格がなくてもベビーシッターにはなれますが、一定以上の知識・技術を持っている証明として資格取得を推奨しています。合格率は例年90%以上、試験は年1回実施。
  • 向いている人
    明るく親しみやすい人柄で、子どもに好かれるタイプ、趣味や特技が多い人などが向いていると言えます。子育ての経験があると、依頼者もより安心して子どもを預けられる傾向にあるようです。
チャイルドケア お役立ち度 ★★ 取得年月 1年間 難易度 ★★
  • 活躍の場
    母子を対象としたセミナー講師、産婦人科や助産院でのケアスタッフなど
  • 仕事内容
    アロマやハーブなどの自然療法などを取り入れたホームケアのプロ。対象は、赤ちゃんから小学校低学年までが基本です。
  • 取得方法
    日本アロマコーディネーター協会の講座で所定カリキュラムを履修し、認定試験に合格することで取得。試験は記述式の小論文試験、在宅で受験できます。
  • 向いている人
    チャイルドケアの基本精神に沿い、親や子どものために活動していきたいと考えている人。ベビーマッサージやアロマに興味のある人、自然療法を通して人と関わりたい人に向いていると思います。
チャイルド
コーチング
お役立ち度 ★★★ 取得年月 4ヶ月~ 難易度 ★★
  • 活躍の場
    セミナーなどの講師、相談員、幼稚園・保育所などの児童福祉施設など
  • 仕事内容
    子どもが自発的に考え・学び・行動できる環境づくりのサポート・カウンセリングをする職業。対象となる子どもは幼児~高校生と広め。
  • 取得方法
    一般財団法人・日本能力開発推進協会(JADP)が指定する教育機関の実施する養成講座・訓練の全カリキュラムを修了した人が受験可能。協会が主催する試験を受験・合格することで取得できます。試験は随時実施。
  • 向いている人
    コーチング技術の基本となる「聴く・質問する・承認する」に沿って、子どもの話に根気強く耳を傾けられる人。1人1人の個性に合わせて指導し、自ら考え問題を解決していく力を伸ばしてあげられる人。
幼稚園教諭 お役立ち度 ★★★★★ 取得年月 2~4年 難易度 ★★★★★
  • 活躍の場
    公立・私立の幼稚園、認定こども園など
  • 仕事内容
    幼稚園で勤務するために必要な資格。幼稚園と保育園のを一貫化する幼保一元化政策のため、保育士でも取得を目指す人が増えています。
  • 取得方法
    幼稚園教諭養成過程のある大学・短大・専門学校にて所定のカリキュラムを修了し、卒業することで取得。その他、受験資格を満たせば幼稚園教員資格認定試験を受け、取得する方法もアリ。
  • 向いている人
    子どもが好きで、1人1人と真摯に向き合い、愛情を持って接することのできる人。明るく元気で根気があり、体力のある人。教材や飾りを作るなど細かい作業が好きな人・手先が器用な人にも向いています。
保育士 お役立ち度 ★★★★★ 取得年月 2~4年 難易度 ★★★★★
  • 活躍の場
    公立・私立の保育園、児童施設など
  • 仕事内容
    保育園に勤務するために必要な国家資格。0歳~小学校就学前までの子どもを対象に、保育施設で集団保育をします。
  • 取得方法
    保育士養成学校(大学・短大・専門学校)で、保育士要請過程の単位を取得し卒業することで取得。他に、年1回実施される全国統一保育士試験に合格することで資格を取得することも可能。
  • 向いている人
    小さな子どもたちの成長を手助けする優しさと責任感がある人。気力・体力・忍耐力のある人。トラブルが発生した場合も落ち着いて行動できる人や、保護者や同僚と良好なコミュニケーションが取れる人が向いています。

いまもっとも注目されている資格「チャイルドマインダー」

子ども一人ひとりに向き合える少人数保育のスペシャリスト資格、チャイルドマインダー

最近、テレビなどでも取り上げられることが多くなった「チャイルドマインダー」。集団を保育する保育士とは違い、1~3人の少人数の子どもを集中して保育するのがお仕事です。

英国では100年以上の歴史を持つ職業で、家庭外保育を必要とする家庭の71%が利用しているほどメジャーな職業なんです。日本での認知度も高まってきており、資格の取りやすさや独立開業が可能な点などで、「子どもに関わる仕事に就きたい」と考えている人の間で注目されています。

子どもと関わる仕事に就こう!

チャイルドマインダーは少人数の子どもと向き合うため、より家庭的で質の高い保育が可能。「もっと1人1人の子どもと深く関わりたい」と願う保育士や幼稚園教諭などからの転身も多い職業となっています。

イギリス政府公認のチャイルドマインダー資格とは≫

このサイトでは、保育士になる方法とともに、チャイルドマインダーなど注目の子ども関連資格をガイドしているので、興味のある方はぜひ参考にしてくださいね。

 
 
▲ページの先頭へ
 
保育士・保育関連の資格を取ろう