子どもと関わる仕事がしたい!保育士・保育関連の資格ガイド

HOME » 人気沸騰「チャイルドマインダー」特集 » お仕事内容

お仕事内容

少人数保育のスペシャリスト、チャイルドマインダー

チャイルドマインダーとは、少人数保育で家庭的な保育サービスを提供するスペシャリスト。

保育園や幼稚園での集団保育とは違い、子ども1人1人の個性を尊重する「質の高いかかわり方」を実践します。イギリスでは100年以上の歴史があり、家庭外保育を必要とする家庭の71%が利用しているほどメジャーな職業です。

チャイルドマインダーの資格は、認定機関の養成講座を受講し、試験を受け合格することで取得できます。合格率は90%と難易度は高くありませんが、しっかりとした内容の濃い学習が必要で、資格取得までにかかる期間は、3~6ヵ月ほどとなっています。

現在、日本ではまだメジャーな職業ではありませんが、子育て経験者や保育関係に興味がある人にも取りやすい資格であるため、徐々に人気・認知度も高まってきています。保育士・幼稚園教諭・小学校教諭・看護師などの資格保有者がスキルアップのために取得することも多いようです。

チャイルドマインダー資格取得後の働き方≫

チャイルドマインダーのお仕事内容

チャイルドマインダーのお仕事内容とは

チャイルドマインダーの主な仕事は、0~12歳までの子どもを自宅または依頼者宅で預かり、保育することです。

預かれる子どもの人数は、資格者1名につき子ども3名まで(年齢により人数は変化)。食事・排泄・遊びなどのお世話からしつけまで、保育全般を行います。

家庭に近い環境で保育・教育が実施されるため、子どもは「自分が大切にされている」ことを実感でき、個性が尊重されるためのびのび育つことができます。

教育方針については、各家庭の親と相談し、それに従って実施。1人1人に合わせたキメ細やかな育児が期待できるため、預ける保護者側からの人気も高まっているようです。また、必要に応じて保護者の育児相談に乗ることもあります。

チャイルドマインダーに求められることは、子どもと真摯に向き合い、1人の人間として接する姿勢。

また、子どもの健康や安全面に配慮する責任感と観察力、保育や教育に対する知識と経験、コミュニケーション能力も必要となってきます。

これはチャイルドマインダーだけでなく、保育に携わる者すべてに言えることですね。

チャイルドマインダーが注目される理由とは?

チャイルドマインダーは少人数の子どもを継続して保育することが多いため、集団で生活する保育園・幼稚園よりも質の高い保育が期待できると人気を集めています。保育士とチャイルドマインダーが対応する子どもの人数は以下の通りです。

保育士(すべて保育士1人に対して)

  • 0歳児:3人まで
  • 1~2歳児:6人まで
  • 3歳児:20人まで
  • 4歳児以上:30人まで

チャイルドマインダー(チャイルドマインダー1人に対して)

  • 0歳児:2人まで
  • 1歳児以上:3人まで

また、緊急の場合にも柔軟な対応が期待できるのも人気のヒミツ。定期保育だけでなく、一時保育や他園とのダブル保育にも対応していることが多いです。

保育園では断られてしまう病児保育や、日曜・祝日の保育が可能なこともあります。都合に合わせて融通をきかせてもらいやすいのも、保護者にとってのチャイルドマインダーの魅力と言えるでしょう。

 
 
▲ページの先頭へ
 
保育士・保育関連の資格を取ろう