子どもと関わる仕事がしたい!保育士・保育関連の資格ガイド

HOME » 保育士のお仕事ガイド

保育士のお仕事ガイド

保育士資格を取ったあとの就職先の種類や、気になる収入面、仕事の将来性などを見ていきましょう。また、保育士試験を受ける前に取得しておけば有利になる資格、または保育士として働きはじめた後に役立つ資格を紹介します。

保育士の仕事ってどんなもの?

保育士が公立の保育所で働く場合、地方公務員扱いになります。このため、保育士の給与は地方公務員の給与体系に基づくものとなり、給料と諸手当から構成されます。諸手当には、交通費・扶養手当・居住手当などがあります。

公務員扱いで保育士をする場合、有給休暇・病気休暇・産前産後の休暇が取りやすいのがメリット。私立や民間施設だと、長期休暇を取りにくいこともありますが、公務員には共済組合や互助組合などがあるため、休暇が取りやすくなっているのです。

私立や民間の保育所では、運営する母体によって保育士の待遇が決まります。民間企業の施設より、社会福祉法人などが運営する保育施設の方が、一般的には待遇が良いようです。

保育園に送迎するパパ

勤務する施設を決める際には、給与や休暇、福利厚生などをしっかり調べておくようにしましょう。

ただし、保育士が働けるのは保育所だけではありません。さまざまな福祉施設も就職先として挙げられますし、勤務形態だってさまざまです。

就職先や勤務スタイルの幅を広げて長く保育士を続けていくためにも、他の保育関連の資格を取ることも視野に入れておきましょう。

 
 
▲ページの先頭へ
 
保育士・保育関連の資格を取ろう