子どもと関わる仕事がしたい!保育士・保育関連の資格ガイド

HOME » 保育士のお仕事ガイド » 保育士の就職先

保育士の就職先

保育士の主な就職先は、保育園をはじめとした児童保育施設。

保育園をはじめとした保育士の勤務先

多くの方が就職を希望する公立の認可保育園で働くには、公務員試験に合格する必要があります。試験は各自治体で内容が異なりますが、基本的には1次試験が筆記、2次試験が面接となっているようです。内容は、保育士資格試験に関するものが中心となるでしょう。

私立保育園の採用試験は各園で違うため一概には言えませんが、筆記・実技・面接という形式が多いようです。筆記は、保育士試験の内容と一般教養、実技はピアノの弾き歌いなど。園によっては、実技と面接のみというケースもあるようです。

ちなみに、全国には2万以上の保育園が存在しており、その他にも以下のように14種類もの就職先施設があるため、活躍のフィールドはかなり広いと言えます。

保育士の主な就職先

保育所
保護者が労働や疾病などの理由で保育に欠ける児童(0歳~小学校入学前)を預かり保育することを目的とする施設。大きく分けて、認可保育所と認可外保育所に分けられます。

児童厚生施設
いわゆる児童館や児童遊園。児童に健全な遊びを提供し、健康増進と豊かな情操を育てることを目的とする施設。

母子生活支援施設
生活と養育が困難な母子世帯を保護し、自立できるまでの生活を支援する施設。

乳児院
児童福祉法に基づいた施設。面倒を見る保護者のいない乳児~小学校入学前の児童を支援・援助するための施設。

助産施設
保健上必要であるにもかかわらず、経済的な理由などで入院できない妊産婦を入所させ、助産を行う施設。

児童養護施設
保護者のいない児童、虐待された児童、その他家庭の事情で養護を要する児童を保護し、自立のための支援を行う施設。家庭の事情には、保護者の疾病・拘禁・経済的な理由などが挙げられる。

知的障害児施設
知的障害のある児童の保護と、独立自活に必要な知識・知能を与えることを目的とした施設。

知的障害児通園施設
知的障害を持つ児童を自宅から通園させ、将来独立して自活できるような知識と技能を習得させるための施設。

盲ろうあ児施設
盲児や強度の弱視児を入所させて保護し、自活支援をしていく施設。盲児施設・ろうあ児施設・難聴幼児通園施設の3つの施設がある。

肢体不自由児施設
上肢、下肢または体幹機能の障害児治療と、独立自活に必要な知識・知能を与えることを目的とした施設。

重症心身障害児施設
重度の知的障害と肢体不自由が重複する児童の保護と治療、日常生活の指導を目的とした施設。

情緒障害児短期治療施設
軽度の情緒障害を持つ児童を短期間入所・通所させ、治療と援助を行う施設。情緒障害とは、不登校・引きこもり・乱暴・夜尿・吃音・チック・拒食などを指します。情緒障害という用語は偏見や誤解を招きやすいとし、児童心理療育施設と呼ぶこともあります。

児童自立支援施設
不良行動をしたり、する恐れのある児童、家庭に問題のある児童を教育・指導するための施設。

児童家庭支援センター
地域の児童の福祉に関するさまざまな相談に応じ、必要な助言・指導を行う施設。

増えてきた民間企業への就職

民間企業でも、保育士の活躍の場が増えています

近年、保育士の就職先として注目されているのが民間企業への従事。

民間企業によるベビーシッターサービス・ベビーホテル・乳幼児向けの学習塾・スポーツクラブ・デパートなどの一時預かり所など、育児に関するサービスが増加しています。また、社員への福利厚生として社内に託児所を導入する企業も増えています。

また、民間企業による認可外保育施設も増えてきています。国や自治体の定めた基準を満たしていないため、設備等は不十分なことが多いですが、待機児童が多くて認可保育園に入れない保護者・児童にとってはとても重要な役割を果たしています。

保育士の勤務形態は?

保育士の勤務形態は、勤務する施設によって大きく異なります。

認可保育園の場合、勤務時間は原則8時間。労働基準法によって定められた時間内でシフトを組み、働くことが多いようです。早朝保育や延長保育もあるので、保育士がローテーションで園児を保育していきます。

児童養護施設などの入所施設では、24時間児童をサポートしていく必要があります。日勤だけでなく夜勤もあるので、勤務時間は1日8~12時間ほどと変則的。早番・通常番・遅番などでローテーションを組み、勤務時間をずらして対応していきます。

働き方では、フルタイムだけでなく、パート・アルバイト・派遣社員という選択肢があります。パート・アルバイト・派遣の場合は、早朝や延長保育など、フルタイム保育士の出勤前・退勤後のサポートをすることが多いようです。なので、早朝のみ、夕方~夜のみで3~5時間ほど働くというスタイルも可能。時間に融通は利きますが、社会保険やボーナスなどの支給がない場合もあるので、しっかりと待遇を確認しておきましょう。

 
 
▲ページの先頭へ
 
保育士・保育関連の資格を取ろう