子どもと関わる仕事がしたい!保育士・保育関連の資格ガイド

HOME » 保育士だけじゃない!子どもと関わる資格 » チャイルドケア

チャイルドケア

保育士として活躍する方からも注目を集めている、チャイルドケア資格。

チャイルドケアとは、アロマやハーブなどの自然療法を取り入れたホームケアを提供する職業。もともとは海外の保育園や幼稚園で取り入れられていたようです。
そんなチャイルドケアの資格について、詳しく見てみましょう。

チャイルドケア資格を取得する方法

チャイルドケアってどんなお仕事?

「日本アロマコーディネーター協会」の講座で所定カリキュラムを履修し、認定試験に合格することで取得できます。

試験は記述式の小論文試験で、在宅で受験できるようになっています。養成講座の受講期間は1年となっており、受講対象者はとくに決められていません。子育てが未経験でも、育児中の方でも、男女問わず受講することができます。

チャイルドケアの資格を取得した後は、チャイルドケア・コーディネーターとして活動することになります。

資格を取得するメリットは?

チャイルドケアが対象とする子どもは、赤ちゃんから小学校低学年までが基本対象。子どもだけでなく、親も対象にしてボディケアやメンタルケアを行うのが特徴です。

アロマセラピー・フットケア・ベビーマッサージ・子どものためのハーブティー・東洋医学など、さまざまなケア方法について学ぶことができるため、保育士やベビーシッターなどの資格を持っている人のステップアップ資格としても人気があります。

チャイルドケアの資格を取得することで、仕事の幅も広がります。

  • 母子を対象としたセミナーでの講師
  • 産婦人科や助産院における妊婦・乳幼児へのケアスタッフ
  • ベビーマッサージの指導者として独立開業
  • 地域活動でのボランティア(公民館や児童館、保育所や小学校など)
  • 地域サークル活動の企画立案

チャイルドケアに向いている人

チャイルドケアに向いている人は、チャイルドケアの基本精神に沿い、親や子どものために活動していきたいと考えている人でしょう。

核家族化が進む現代では、子育ての相談を出来る人が身近にいない親がたくさんいます。そういった人たちの心の不安を少しでも軽減させ、自信を持って健やかに生活できるようにサポートしていくのがチャイルドケアの仕事です。子どもだけでなく、人とかかわることが好きな人にピッタリの仕事と言えるでしょう。

保育士との違いは?

保育士は国家資格、チャイルドケアは民間資格となります。保育士は子どもを預かり生活全般のサポートをしますが、チャイルドケアは、どちらかというと親子を対象にした勉強会を開いたり、マッサージを施すのが仕事となります。

親子一緒にボディ&メンタルケア

また、チャイルドケアには7つの基本コンセプトがあり、この理念に沿って活動を進めていくことになります。

  1. 子どもを取り巻くすべての環境から考える
  2. 自然療法から考えるチャイルドケア
  3. 育児と同じように育母していきましょう
  4. 感性を磨きましょう
  5. 言葉の大切さを知る
  6. ふれあいとタッチ
  7. 「いのち」と「生きる」ことを考えて、伝えていきましょう

これらのコンセプトと講座で学んだことを活かして、ベビーマッサージ・アロマテラピー・メンタルケアなどのプログラムを自分で考え、提案・実践していく力が必要となってきます。

子供だけでなくその親と自分自身も育てていくのが、チャイルドケアの大きな特徴となります。

人気沸騰「チャイルドマインダー」特集≫

 
 
▲ページの先頭へ
 
保育士・保育関連の資格を取ろう