子どもと関わる仕事がしたい!保育士・保育関連の資格ガイド

HOME » 保育士だけじゃない!子どもと関わる資格 » 幼稚園教諭

幼稚園教諭

保育士資格と並んで人気があるのが、幼稚園教諭資格。幼稚園教諭は、幼稚園(私立・効率)で3歳児から小学校就学前までの子供たちの指導・保育を行います。幼稚園は、「学校教育法」という法律に基づいた学校なので、幼稚園教諭免許状が必要なのです。

幼稚園教諭資格について、詳しく見ていきましょう。

幼稚園教諭資格を取得する方法

幼稚園教諭の資格って?

免許状には1種・2種・専修免許があり、各都道府県の教育委員会より授与されます。ちなみに、日本全国どこでも有効となります。

  • 1種免許状
    4年制大学にて幼稚園教諭養成過程を修了し、卒業することで取得。
  • 2種免許状
    短大・専門学校を卒業することで取得。通信教育でも習得可能。
  • 専修免許状
    4年制大学を卒業後、大学院にて修士課程を修了することで取得。

基本的に、免許を取得するまでの期間は2~4年。幼稚園教諭養成過程のある学校で必要な単位を修得し、卒業することが取得の条件となります。

どの資格でも仕事内容に変わりはありませんが、就職する施設によっては給料に多少の差が出る場合もあるようです。

また、保育士資格取得後3年以上の実務経験があると、幼稚園教諭免許の認定試験を受けることができます。合格することで、2種免許状の習得が可能です。

資格を取得するメリットは?

資格取得で仕事の幅を広げよう

現在、日本では幼稚園と保育園を一貫した施設にする「幼保一元化」の政策が進められています。幼保一元化は、保護者の就労形態にかかわらず、子供に均等な保育・教育の場を与えることが目的です。

この政策で必要となってくるのが、保育士資格と幼稚園教諭の資格。どちらも取得しておくことで、勤務先や働き方の幅が広がるのは大きなメリットです。

最近では、保育士を対象とした幼稚園教諭免許の取得試験が多く行われるようになってきました。両方の資格を持つ人が就職でも優遇される状態になることを見越して、保育士だけでなく、幼稚園教諭の資格取得も視野に入れておくべきでしょう。

幼稚園教諭に向いている人

幼稚園教諭に向いている人は、「子どもが好きである」ということが絶対条件となります。幼児期の子どもは精神的にもデリケートなので、1人1人と真摯に向きあい、愛情を持って接することが大切なのです。

毎日大勢の子どもと触れ合い、面倒を見なければならないので、体力も必要となりますね。また、登園している間は、保護者に代わってさまざまなことを子どもに教えて行かなければなりません。常識的なものの考え方と知識を持っていることも、幼稚園教諭には必要となるでしょう。明るく元気であることや、絵や折紙などで物を作るのが苦にならない人も向いているかもしれません。

保育士との違いは?

保育士と幼稚園教諭は、子供に対する目的と管轄が異なります。

幼稚園教諭

資格:幼稚園教諭(1種、2種、専修)
管轄:文部科学省
目的:幼児を保育し、適当な環境を与えて、その心身の発達を助長すること。
年齢:満3歳~小学校就学前
時間:原則として4時間

保育所士

資格:保育士(国家資格)
管轄:厚生労働省
目的:保護者が就労しているなど、何らかの理由で保育に欠ける乳幼児を預かり保育する。
年齢:0歳~小学校就学前
時間:原則として8時間

管轄を見ると分かりますが、幼稚園は文部科学省が管轄する教育機関であり、保育所は厚生労働省が管轄する福祉施設となります。

ただし、子どもの成長をサポートして日々努力する姿勢はどちらも同じ。子どもが好きであれば、どちらを選んでも充実した仕事をすることができるでしょう。

 
 
▲ページの先頭へ
 
保育士・保育関連の資格を取ろう