子どもと関わる仕事がしたい!保育士・保育関連の資格ガイド

HOME » 保育士だけじゃない!子どもと関わる資格 » 子育て支援員

子育て支援員

女性が子育てをしながら働きやすい社会環境を作るために、2015年度より国が新しく設けた子育て支援員。

保育所・学童保育・子育て相談など、地域の子育て支援の人材を増やそうと、保育現場からも大きな期待を集めている職業です。そんな子育て支援員の資格の取得方法や、メリットなど詳細について見ていきましょう。

子育て支援員の資格を取得する方法

子育て支援の資格って?

子育て支援員は、育児経験のある主婦を対象とした資格です。

国のガイドラインに基づいた全国共通の研修会を各地方自治体が実施しており、20時間程度の研修を修了すると、小規模クラスの保育施設などで保育士を補助する仕事に就けます。

研修は子育て支援員としての基礎を学ぶ基本コースと、従事する保育事業に必要な専門的な知識・技術を修得するコースなど、下記の内容によって構成されています。

基本研修

子育て支援員としての役割を理解し、子育て支援に関する基礎的な知識・技術を修得します。

専門研修

放課後児童

学童クラブ(保護者が労働等の理由で家庭にいない児童に対し、放課後に児童館を解放して生活の場を提供する事業)の児童支援員の補助者を目指す方向けの研修。

社会的養護

児童養護施設(保護者のいない児童などを社会的に支援する施設)に従事する職員をサポートしたい方を対象としたコース。

地域子育て支援

育児相談や親子の交流を目的とした、子育てひろば、子供家庭支援センターなど、地域の子育て支援施設で勤務したい方向けの研修。

地域保育

小規模保育所やファミリーサポートセンター、一時預かりの保育従事者など、地域型保育の仕事に就きたい方を対象とした研修。

全ての受講者に必要な「基本研修」と、自分で選ぶ「専門研修」を合わせ、概ね20時間の研修を受けると資格が取得できます。

資格を取得するメリットは?

子育て経験の主婦が対象の子育て支援員

子育て支援員は、育児経験がある主婦で、地域の子育て支援に貢献したい意欲があれば、誰でも気軽に資格が得られます。

国家資格の保育士のように、特定の教育機関に通ったり国家試験を受ける必要もありません。各地方自治体が実施する20時間程度の研修で取得できるので、時間がかからないのも特徴です。

資格を取得した後は、保育園、学童保育などで保育士のサポート業務に従事できるほか、放課後児童クラブの補助員や、児童養護施設の補助的職員など、子育て支援の幅広い分野で活躍できます。

子育て支援員に向いている人

今は専業主婦だけど、育児経験を活かして社会復帰したいと考えている方や、地域における子育て支援の仕事で活躍したいと考えている人でしょう。

子育て支援員ができた背景として、核家族化が進み、家庭と仕事の両立に悩む方々に向けて、放課後児童クラブや小規模保育などの様々な保育サービスを拡充するため、保育士以外の人材を早急に確保したいという狙いがあり、その担い手として、育児経験が豊富な主婦に期待が集まりました。社会的ニーズの高い職業ですので、育児経験を生かして社会貢献をしたいと考えている主婦の方に向いている仕事と言えるでしょう。

保育士との違いは?

保育士は国家資格で、子育て支援員は民間資格になります。

保育士は、子供の保育に関する専門的な知識を学び、試験に通らなければなりませんが、子育て支援員は、各地方自治体が実施する全国共通の研修を受けることで資格が取得できるので、保育士と比べてハードルが低く試験もありません。

研修を受けるだけで保育のプロとしての知識や技術が身に付くのかとの声もありますが、保育士の人材不足を解消し、保育サービスの拡充を図る上でも、期待される資格です。

仕事の内容としては子育て支援員は、保育士の補助としての人材と位置づけられており、保育分野の入門的資格と言えるでしょう。

 
 
▲ページの先頭へ
 
保育士・保育関連の資格を取ろう