子どもと関わる仕事がしたい!保育士・保育関連の資格ガイド

HOME » 保育士の資格を取る方法 » 短大・専門学校を卒業する

短大・専門学校を卒業する

4年制の大学に行かなくても、短期大学や専門学校を卒業すれば、保育士の資格を取得することができます。

短大で保育士資格を取るには?

短大では、保育科や幼児教育科などと呼び名のついている学科で、保育士資格取得のための勉強が出来ます。短大の在籍期間は2年間なので、4年制大学よりも短期間で資格の取得が可能。

幼稚園教諭2種免許や他の資格が同時に取れる学校もあるので、複数の資格取得を目指す人はきちんと確認しておきましょう。

短大のメリット・デメリット

メリット

  • 卒業と同時に保育士資格を取得できる。
  • 2年で資格を取得できる(希に3年制の短大もアリ)
  • 幼稚園教諭2種免許など、他の資格を同時に取得できる場合もある。
  • 4年制大学に比べて学費が安い。

デメリット

  • 2年という短期間で保育知識・技術を学ぶため忙しい。
  • 通学制なので、社会人や主婦が通うのは難しい。

短大で学べる幼児教育

2年間で保育をまんべんなく学ぶのが短大

同じ保育士の勉強でも、短大によってカリキュラムには特色があります。

一般的に、学科に「教育」とついている短大は、その名の通り子供の教育を主に学んでいくカリキュラムが多め。「保育」「児童福祉」などとついている短大は、子供の福祉関係についてのカリキュラムが充実しているようです。

学習内容としては、知識と技術をバランスよく学べることが多いようです。言うなれば、大学と専門学校の中間ですね。知識メインの大学よりも実践的な保育技術の習得プランが多く、2年間で学ぶことは盛りだくさん。時間的余裕はかなり少ないと言えます。幼稚園教諭の資格も同時に取得していくとなると、さらに忙しくなりますが、それでも2~3年で資格が取得できるのは大きなメリットです。

費用の目安

費用の目安は、大学とあまり大差のない年間100万円前後。入学金25万~30万ほど、授業料60~70万ほど、施設管理費が40万ほどかかります。その他、テキスト代や実習費用などが別途かかる点も気をつけておきましょう。

ちなみに、公立短大の場合は上記の金額よりも多少安くなる傾向があります。また、推薦入学の場合は入学金などの費用が免除になることもあるので、チェックしておきましょう。

専門学校で保育士資格を取るには?

文科省・厚労省が指定した専門学校で必要な過程を修了し、卒業することで保育士の資格を得られます。気をつけたいのは、専門学校には「文科省・厚労省指定校」「併修校」の2種類があるということです。

まず、「文科省・厚労省指定校」は一般的に指定校と呼ばれ、卒業と同時に保育士資格・幼稚園教諭2種免許が取得できます。「併修校」は文科省・厚労省の認可を得ていない学校なので、通信制短大を併修し、資格取得を目指します。やや面倒に思われがちな併修校ですが、卒業と同時に短大卒と同等の扱いになるのがメリットです。

また、通信制短大のカリキュラムによっては、社会福祉士など他の資格も取得できることがあります。専門学校のメリット・デメリットは、短大とほぼ同じとなります。

専門学校のメリット・デメリット

メリット

  • 卒業と同時に保育士資格を取得できる。
  • 2年で資格を取得できる(希に3年制の短大もアリ)
  • 幼稚園教諭2種免許など、他の資格を同時に取得できる場合もある。
  • 4年制大学に比べて学費が安い。

デメリット

  • 2年という短期間で保育知識・技術を学ぶため忙しい。
  • 通学制なので、社会人や主婦が通うのは難しい。

専門学校で学べる幼児教育

専門学校では、保育現場で働く講師たちによる実践的な指導が期待できます。卒業後に就職してすぐに役立つ知識や技術を習得できるため、即戦力を望む保育現場からは重宝がられるかもしれませんね。

短大よりも実践的な保育が学べる専門学校

入学してすぐに実習を行う専門学校もあるので、具体的な勉強をしたい人にはうってつけです。

また、専門学校にはそれぞれ特色があります。ピアノやお遊戯等のレッスンが多かったり、就職後のサポート体制がしっかりしているなど、各学校に個性があります。自分がどのようなサポートを必要とするのかを見極め、納得してから入学するようにしましょう。

 

専門学校の費用の目安

費用の目安は、学校によって差はありますが年間90万円前後が必要となります。入学金25万ほど、授業料40万円ほど、施設維持費・運営費が8~10万ほどかかるようです。

この他に実習費やテキスト代などがかかってきますので、トータルでいくらくらいになるか確認しておきましょう。

 
 
▲ページの先頭へ
 
保育士・保育関連の資格を取ろう