子どもと関わる仕事がしたい!保育士・保育関連の資格ガイド

HOME » 保育士の資格を取る方法 » 大学を卒業する

大学を卒業する

大学で保育士資格を取得する

厚生労働省が認定する大学で保育士養成課程の単位を履修し、卒業することで保育士の資格を取得できます。

保育士だけでなく、幼稚園教諭・小学校教諭・社会福祉士の資格などを同時に取得できる大学もあるので、将来どんな施設に勤めたいかなどを考えた上で選択すると良いでしょう。

取得した資格が多ければ多いほど、就職の幅も広がっていきます。

大学で保育士資格を取得するメリット・デメリット

メリット

  • 国家試験合格という条件がないため、卒業と同時に資格を取得できる。
  • 幼稚園教諭や小学校教諭の資格も同時に取得できる大学がある。
  • 4年間かけて子どもや保育に関する知識をじっくり得ることができる。
  • 保育以外の知識を身につけられる。
  • 将来について時間をかけて考えられる。

デメリット

  • 卒業まで4年かかるため、すぐ就職したい人には向かない。
  • 費用が多くかかる。
  • 通学制なので社会人や主婦などが通うのは難しい。

大学で学べる幼児教育とは

音楽や美術をつかった幼児教育も学べる

大学では、高度な児童心理学や、音楽・美術を応用した幼児教育などを学ぶことができます。また、日本語表現や法律なども幅広く学んでいきます。

海外へ留学し、他国の保育や幼児教育を学べるところもあるようです。

専門知識を身につけることができるため、大卒の保育士は、児童養護施設勤務や児童カウンセラーなど、専門性の高い職に就くことも多くなっています。

どの大学でも同じことを学ぶのではなく、それぞれの学校のカリキュラムには個性があります。大学で保育士資格を取得したい場合、気をつけたいのがこのカリキュラムの内容です。大学の授業は、基本的に知識重視。図工や音楽、体育なども入ってはいますが、具体的な保育技術は独学で学んでいくケースが多くなっているようです。

実習を設けていない大学もあり、ボランティアなどで子どもに触れる機会を作る必要も出てくるかもしれないので、きちんと情報収集をしておきましょう。

資格取得までの費用目安

費用の目安は、年間100万円前後。その内訳は、入学金40万前後、授業料60万前後、施設費や維持管理費などが30~50万ほど。その他に、実習費用などがかかってきます。

大学によって差はありますが、卒業までに300万円以上かかるケースが多いため、どんな費用が必要になるのかあらかじめ調べておく必要があります。ちなみに、卒業後に保育園などへ就職した場合、大学卒でも専門学校卒でも給与にほとんど差はありません。

 
 
▲ページの先頭へ
 
保育士・保育関連の資格を取ろう